「人殺した」 逮捕の元少年が周囲に 神戸高2殺害 

[PR]

 神戸市北区の路上で2010年10月、高校2年の堤将太さん(当時16)が刺殺された事件で、当時17歳だった愛知県のパート従業員の男(28)=殺人容疑で逮捕=が逮捕前、「人を殺したことがある」と周囲に話していたことが捜査関係者への取材でわかった。兵庫県警が昨年、情報を入手し、捜査していたという。

 男の逮捕容疑は10年10月4日夜、北区筑紫が丘4丁目の路上で、堤さんをナイフで複数回刺すなどして殺害したというもの。捜査関係者によると、男は容疑を認めるとともに、「(堤さんが)女の子と一緒に話しているのを見て腹が立った」という趣旨の供述をしているという。

 県警によると、堤さんは当時中学生だった女性と話していたところで突然襲われたという。女性は県警の調べに「知らない男だった」と証言した。県警は、男が一方的に殺意を募らせた可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、男は事件の数カ月前、兵庫県外の高校を退学していたという。その後、神戸市北区の親類宅に身を寄せたが、事件後ほどなくして離れ、県外に出たという。親類宅にいたのは1年足らずだったとみられる。

 男は逮捕時、愛知県の自宅近くで働くパート従業員だった。兵庫県警は昨年、男が「人を殺したことがある」と周囲に語っていたとの情報を得て、裏付け捜査を進めていたという。