コロナ禍で目指した医学の道 甲子園始球式に臨む元球児

安井健悟
[PR]

 10日に始まる全国高校野球選手権大会の開幕試合で、昨年3年生だった2人が始球式を務める。新型コロナの影響で大会が中止になり、甲子園への道を絶たれた全国の仲間たちの思いを背負い、夢見たグラウンドに立つ。

 始球式でバッテリーを組むのは、関西医科大医学部1年の吉田裕翔さん(19)と大阪大医学部1年の嘉村太志さん(19)。2人は共に阪神甲子園球場がある兵庫県西宮市の甲陽学院で野球部員だった。

 主将だった吉田さんは小学3年で野球を始めた。子どもの時から夏の選手権大会は、甲子園に続く晴れの舞台だった。高校生になると、最後の夏を迎えた先輩たちが大勢の友人から声援を受けながら戦う姿がまぶしく、憧れた。だが、自分にその時は来なかった。「大会がなくなったときには呆然(ぼうぜん)とした」

 チームメートで遊撃手だった嘉村さんは、新型コロナの影響で練習ができなくなり、将来の進路について考える時間が増えた。技術者か医者のどちらを目指すかで迷っていたが、コロナに立ち向かう最前線の医療現場を報道で知り、「医者に対する価値観が変わった」と言う。

 「人に必要とされ、人を助けられる職業に就きたい」。兵庫県の独自大会が終わると、1日に約10時間勉強し、現役で医学部に合格した。

 2人はそれぞれ、大学の準硬式野球部でいまもプレーを続けている。始球式では吉田さんが投手、嘉村さんが捕手を務める。

 吉田さんは「小学生の頃からずっと甲子園を目指してきた人は、自分よりもっとしんどい思いをしたはず。彼らに納得してもらえるような投球をしたい」と話した。嘉村さんは「昨年甲子園に出られなかった世代の思いと、コロナ禍で医療現場に立つ人への感謝の気持ちを込めて臨みたい」と意気込む。

 2人は、押し入れの中に大切にしまっていた甲陽学院時代のユニホームを着て、本番に臨むつもりだ。(安井健悟)