台風9号接近、九州・山口の広範囲で大雨

神野勇人
[PR]

 東シナ海を北上していた台風9号は8日夜から9日未明にかけて九州・山口に接近し、広い範囲で大雨をもたらす可能性がある。気象庁土砂災害や低地の浸水などに厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁などによると、台風9号は8日午後3時現在、鹿児島県薩摩川内市の南西約310キロを時速30キロで北東に進んでいる。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル。九州に上陸後、勢力を維持したまま9日午後に中国地方を抜ける見通し。

 九州・山口全域で1時間あたり60~70ミリの非常に激しい雨が予想される。9日正午までの24時間降水量は山口、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島の各県で250~300ミリに達する恐れがあり、8日夜~9日朝にかけて大雨警報が出る可能性も高いという。

 台風接近に伴い、JR九州鹿児島線長崎線など在来線11路線で8日夕から順次運転を見合わせた。九州新幹線は通常通り運行した。

 沖縄や九州の空港を発着する航空便にも影響が出た。日本航空では8日午後6時現在で91便が欠航し、9日の6便の欠航も決めた。全日空も8日に15便が欠航したほか、9日朝に宮崎空港を出発する1便の欠航を決めた。(神野勇人)