バスケ女子、銀に笑顔 スーパースターのいない「スーパーチーム」

[PR]

 日本の切り札も、王者には通じなかった。

 女子決勝の第2クオーター残り3分、8点差を追いかけていた宮沢夕貴が3点シュートを狙う。世界の高さに対抗するため磨いてきた武器は、身長193センチの米国選手にはたき落とされた。「シュートを打たせないという徹底ぶりが、他のチームと比べものにならなかった」

 平均身長は米国が10センチ高い。加えて、日本の各選手を研究し、厳しくマークしてきた。日本に打つ手は残されていなかった。

 目の前で米国に7連覇を許し…

この記事は有料会員記事です。残り409文字有料会員になると続きをお読みいただけます。