台風9号、九州や四国で大雨の可能性 土砂災害など注意

【動画】台風の予測と実況・風の強さ
[PR]

 台風9号は8日午後8時過ぎに鹿児島県に上陸した。9日にかけて西日本を北東へ進むとみられる。日本海で温帯低気圧に変わるものの、その後も発達を続ける見込みで、気象庁は九州や四国などで大雨が続く可能性があるとして、土砂災害や高潮などへの警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、9日午後6時までの24時間の予想雨量は、四国で300ミリ、東海、近畿、九州北部で250ミリ、中国と九州南部で200ミリ。9日にかけては強風も吹くとみられ、北陸で25メートル、近畿で23メートルの最大風速を予想している。

 台風9号は8日午後3時時点で同県薩摩川内市の南西にあり、1時間におよそ30キロの速さで進んでいた。中心の気圧は990ヘクトパスカルで、中心の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。

 また、台風10号は8日、太平洋を北東から東へ進み、本州から次第に遠ざかった。千葉県内では大雨が降り、いすみ市など9市町に避難指示が出たほか、土砂崩れにより勝浦市と睦沢町で住宅2棟が全半壊した。