五輪、最も印象に残った競技は「卓球」 朝日世論調査

有料会員記事

[PR]

 東京五輪で最も印象に残った競技は何ですか――。

 朝日新聞社が7、8日に実施した世論調査(電話)で尋ねたところ、卓球が17%で最も多かった。2位は柔道(16%)、3位は野球(12%)。ソフトボールと陸上が6%で続いた。

 卓球は、新種目の混合ダブルスで水谷隼伊藤美誠組が中国ペアを破り、金メダルを獲得した。男女別にみると、特に女性の22%が最も印象に残った競技に「卓球」を挙げた。男性の12%よりかなり高かった。年代別では50代、60代が高めで2割を超えた。

 過去最多の金メダル9個を獲得した柔道は性別、年代を問わず、人気があった。男性では18%と卓球を上回った。

 ともに13年ぶりの競技復活…

この記事は有料会員記事です。残り193文字有料会員になると続きをお読みいただけます。