ATM前、何度も鳴る電話 詐欺見抜いた2人に感謝状

有料会員記事

大下美倫
[PR]

 【兵庫】ある日、突然出くわした誰かのピンチ。たまたま見かけた人の一言が、解決につながった。(大下美倫)

 神戸市長田区の商業施設にある2台のATM。その一方を、70代の女性が操作していた。6月4日のことだ。

 高木裕美さん(49)と赤穂有紀子さん(56)は、順番待ちの列にいた。互いに面識はないが、同じお年寄りの女性が気になっていた。

 女性はまごついた様子で、かばんの中をごそごそ。手元では携帯電話が何度も鳴り、たまに電話に出ては、会話をしている。

 詐欺なのでは――。

 疑念を抱いた2人。でも家族との電話かも。確信は持てずにいた。

 先に高木さんの順番が回ってきた。隣ではまだ、女性の操作が続く。

 「大丈夫?」と聞いてみた。「大丈夫、大丈夫」。女性はそう答えた。

 だが次の瞬間、女性が電話相手に発した言葉に、はっとした。

 女性が電話で伝えたのは、口座の残高。相手が家族であっても、残高のやりとりをするのはおかしい。

 いてもたってもいられなくな…

この記事は有料会員記事です。残り480文字有料会員になると続きをお読みいただけます。