第2回大田司令官の頭骨に向き合った父娘 自決の父にも責任が

有料会員記事知る戦争

岡田将平
[PR]

 76年前の1945年6月、沖縄の地下に掘られた洞穴で、一人の軍人が自ら命を絶ちました。海軍司令官の大田実中将。残された子や孫は、故人への思いを抱えながらそれぞれの道で「平和」を目指しました。今回は教師となって平和教育に取り組んだ長男とその娘が登場します。

 沖縄戦の海軍司令官だった大田実氏の四女で、5月に90歳で亡くなったオーモンドソン大田昭子さんの葬儀は、ニュージーランドからオンラインで配信された。広島県廿日市(はつかいち)市に住むめいの甲斐(かい)明子さん(59)は、広島市内の兄の家で母と3人で見届けた。

写真・図版
沖縄県民斯ク戦ヘリ 遺された戦後 大田中将一家 それぞれの道

 葬儀後、母と一緒に広島県呉市の郊外に向かった。海を見渡す石垣の上に、市営住宅が並ぶ。祖母かつさんやおじ、おばが終戦の数年後から暮らした場所だ。平屋から建て替えられていたが、「石垣は変わらないね」と懐かしんだ。

 高校時代、この場所で祖父実氏のしゃれこうべを見せられた記憶がある。祖父の三十三回忌にあたる1977年のことだ。その時は現実味がなかったが、いまはある思いを抱いている。

沖縄戦の集団自決 父の部下も関与か

 祖父の頭骨が家族のいる呉市…

この記事は有料会員記事です。残り1173文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

知る戦争

知る戦争

平和への思いを若い世代へ託そうと、発信を続ける人がいます。原爆や戦争をテーマにした記事を集めた特集ページです。[記事一覧へ]

連載沖縄県民斯ク戦ヘリ 遺された戦後 大田中将一家 それぞれの道(全5回)

この連載の一覧を見る