父を殺した疑い、25歳息子を再逮捕 「疎外感あった」

[PR]

 愛知県稲沢市の市営住宅で高橋輝男さん(71)と娘の礼(あや)さん(29)が殺害された事件で、県警は9日、息子で無職の智(さとし)容疑者(25)を輝男さんに対する殺人容疑で再逮捕し、発表した。容疑を認め、動機について「家族のなかで疎外感を持っていた」という趣旨の説明をしているという。

 稲沢署によると、智容疑者は7月19日夜、輝男さんの背中を包丁で多数回突き刺すなどして殺害した疑いがある。輝男さんには、身を守るために腕などにできる「防御創(ぼうぎょそう)」とみられる傷もあったという。

 智容疑者は、礼さんへの殺人未遂容疑で同20日に現行犯逮捕された。礼さんは搬送先の病院で亡くなった。署によると、智容疑者は4月から輝男さんらと同居。事件直前に輝男さんと口論していたという。