YOUの五輪どうだった? 出国ラッシュの空港で聞いた

有料会員記事

鎌田悠
【動画】東京五輪閉幕から一夜明け、それぞれの国に向け出国する選手や関係者ら=加藤諒、関田航撮影
[PR]

 東京オリンピック(五輪)の閉会式に参加した外国選手らが9日、帰国の途についた。東京・羽田空港ではボランティアたちが手を振って選手を見送った。

 大会組織委員会によると、この日に出国した大会関係者は約1万人。羽田空港では、チェックインする選手の列が朝からできた。「また東京に来てください」と大勢のボランティアが声をかけていた。

 自転車競技で銀メダルを獲得したデンマーク代表アマリー・ディデリクセン選手(25)は「ボランティアの人たちがフレンドリーで素晴らしかった」と話した。滞在中は、静岡県内の宿舎と競技会場の往復だけだったが「このような状況では厳しい規則は必要だった。パンデミックが終わったら必ず日本に来たい」と話した。4×400メートルリレー男子に出場したインドのノアニルマル・トム選手(26)は、選手村に滞在した。部屋も食事もスタッフにも不満はなく、「すべてが整っていて、よいパフォーマンスにつながった」と語った。北京五輪から4大会を経験し、東京では銅メダルを獲得したノルウェーハンドボール女子のマリットマルム・フラフィョル選手(35)は「人々が礼儀ただしく、いつも笑顔なのが印象的だった」。感染の不安はなかったか尋ねると、「毎日検査をしていたから心配はなかった」と答えた。

 一方、PCR検査態勢に不備があったと指摘したのは、エストニアの五輪委員会のメルレ・カルランさん(49)。検体の回収が遅れがちになっていたという。ただ「五輪のように大きなイベントですべてがうまくいくわけではない。感染対策は完璧ではないが、十分だった。大会が成功したのは、パンデミック下の奇跡だ」と評価した。

 大会を取材したコロンビアのフリージャーナリスト、エベルス・アルトゥンドゥアガさん(66)は「この五輪は日本だからこそ可能だった。日本の人々の努力に世界が気づいただろう」と言った。それはリップサービスかと尋ねると、「ノー。これは世界の模範になる」と強調した。

 東京都江戸川区の松木美樹さ…

この記事は有料会員記事です。残り231文字有料会員になると続きをお読みいただけます。