叡王戦第3局、藤井聡太二冠が勝利 三冠まであと1勝

村瀬信也
[PR]

 将棋の第6期叡王戦五番勝負(不二家主催)の第3局が9日、名古屋市で指され、挑戦者の藤井聡太二冠(19)=王位・棋聖=が豊島将之叡王(31)=竜王と合わせ二冠=に121手で勝った。藤井二冠は対戦成績2勝1敗となり、タイトル奪取、自身初の三冠まであと1勝となった。第4局は22日に名古屋市である。

 戦型は両者が得意とする角換わり腰掛け銀。藤井二冠は豊島叡王の作戦に長考を強いられたが、的確に対応して押し切った。藤井二冠は「(タイトル獲得に)リーチという形になったが、これまで通りの気持ちで第4局に臨めれば」、豊島叡王は「中盤戦で、もうちょっとうまく指す順があったと思う。(第4局は)気持ちを切り替えて、またやりたい」と話した。

 両者は王位戦七番勝負でも対戦しており、第3局を終えて藤井二冠の2勝1敗。18、19日に佐賀県嬉野市で第4局を戦う。村瀬信也