• アピタル

「今までと一緒でいいのか」 宣言下の知事、危機感訴え

有料会員記事

西村圭史
[PR]

 政府の新型コロナウイルス対応を担当する西村康稔経済再生相は9日、緊急事態宣言が出ている6都府県の知事らとテレビ会議で意見交換をした。知事らからは、感染力が強いデルタ株での感染拡大に「我々の対策が今までと一緒でいいのか」など、対策強化を求める声が相次いだ。

 政府は東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、沖縄の6都府県に宣言を出している。このうち、東京都小池百合子知事はこの日、「東京五輪の業務」で欠席した。

 感染状況について西村氏は「これまで経験したことがない過去最多の極めて高い水準」と説明。改めて、不要不急の外出、帰省、旅行の自粛呼びかけ、飲食店対策の徹底などを求めた。

 これに対し、神奈川県の黒岩…

この記事は有料会員記事です。残り599文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら