前首相と全く同じ文言も…「見捨てられた」長崎の被爆者

有料会員記事

佐々木亮、真野啓太、小川裕介
【動画】長崎市の平和祈念式典であいさつする菅首相=金子淳撮影
[PR]

 「長崎原爆の日」の9日、菅義偉首相が就任以来初めて長崎市の平和祈念式典に臨んだ。「首相が代われば、政策も……」。地元の被爆者らは注視したが、前政権からの型通りの言葉に隔たりは埋まらなかった。

 昨年、安倍晋三首相(当時)の広島と長崎の式典あいさつが酷似していて、「コピペ」などと批判を浴びた。今年の菅首相のあいさつも、広島と同じ文言が随所にみられた。さらに「(この地が)美しく復興を遂げたことに、私たちは改めて、乗り越えられない試練はないこと、そして、平和の尊さを強く感じる」などと、昨年の首相あいさつと全く同じ部分もあった。

 ここ数年、首相あいさつは「被爆者の方々に寄り添いながら」「総合的な援護施策を推進してまいります」という言葉を繰り返してきた。だが9日に菅首相と面会し、要望書を手渡した長崎の被爆者5団体の代表は「寄り添われていると感じたことはない」「被爆者は見捨てられている」などと口々に話した。

会見で首相「訴訟が継続中」とだけ

 要望書は、今年1月に発効し…

この記事は有料会員記事です。残り521文字有料会員になると続きをお読みいただけます。