ベラルーシ選手、競売にメダル出品 同じ境遇の選手支援

有料会員記事

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 東京五輪陸上女子のベラルーシ代表で、政権による弾圧を恐れて隣国ポーランドに亡命したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が8日、2019年のヨーロッパ競技大会で獲得した銀メダルを、米国のネットオークション「eBay(イーベイ)」に出品した。収益は、自身と同じように政治の圧力を受けているスポーツ選手の支援に充てるという。

 9日、自身のインスタグラムで明らかにした。同日は、大規模な反政権デモのきっかけとなった昨夏のベラルーシ大統領選からちょうど1年。ツィマノウスカヤ選手は、「(昨年)8月9日以降、多くの選手が苦しんできた。だから、私にとってとても大切なメダルを、自分の立場や意見が原因で苦しむ選手を支えるために出品すると決めた」と表明した。

 イーベイのサイトによると、入札は5千ドルからスタートし、日本時間の9日午後9時時点で2万ドルを超えている。オークションは18日まで。

 一方、ベラルーシのルカシェ…

この記事は有料会員記事です。残り282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら