飲み込めぬ様子に看守が「鼻から牛乳」 最終報告書要旨

有料会員記事

[PR]

 スリランカ人ウィシュマ・サンダマリさんの死亡について、出入国在留管理庁入管庁)が10日に公表した最終報告書の要旨は以下のとおり。ウィシュマさんは「A氏」と表記されている。

【はじめに】

 2021年3月6日、名古屋出入国在留管理局(名古屋局)に収容されていた30歳代女性、スリランカ国籍のA氏が死亡した。入管庁では調査チームを発足させ、4月9日に中間報告を公表した。その後、職員、医師、A氏の元交際相手など関係者計63人から延べ139回聴取した。

【事実経過】

●収容に至る経緯

 A氏は17年6月29日にスリランカから入国。在留資格は「留学」、期間は1年3カ月、所属機関は千葉県の日本語学校。12月ごろ、アルバイト先で知り合ったスリランカ人男性(B氏)と交際するようになった。

 A氏は18年1月までは月1日程度しか学校を欠席しなかったが、5月以降は授業に出なくなり、同校は6月25日にA氏を除籍。4月以降、静岡県内でB氏と同居して自動車部品工場で働き、9月に難民認定申請。9月以降、県内の弁当工場で働いた。19年1月、在留期間更新不許可処分がされて在留資格を失い、不法残留となった。

 A氏は20年8月19日、県…

この記事は有料会員記事です。残り2715文字有料会員になると続きをお読みいただけます。