日大山形、小刻みに加点し勝利 米子東はあと1本が出ず

[PR]

(10日、高校野球選手権大会 日大山形4-1米子東)

 日大山形は一回、佐藤拓斗の適時打で先制すると、三回には佐藤、伊藤翔海の連続適時打で2点、六回には斎藤堅史の適時打で1点と小刻みに加点し、流れを渡さなかった。米子東は相手を上回る12安打を放ったが、あと1本が出ず、九回の1点止まりだった。