「ラ・マンチャの男」来年最終公演 松本白鸚さん代表作

[PR]

 俳優の松本白鸚さん(78)が1969年から主演してきたミュージカル「ラ・マンチャの男」が、来年2月の東京・日生劇場公演で最終公演を迎える。製作の東宝が発表した。

 騎士を夢見るドン・キホーテと作者セルバンテスの2役を演じる白鸚さんは六代目市川染五郎時代に日本初演し、翌70年にはニューヨーク・ブロードウェーで海外の俳優たちと英語で上演。その後も歌舞伎勧進帳」と並ぶライフワークとして半世紀にわたって上演を重ね、2019年の公演で通算1307回に達した。最終公演ではアルドンザ役に次女の松たか子さんが出演する。