バッハ会長の銀ぶら、五輪相「不要不急か本人が判断を」

小野太郎
[PR]

 丸川珠代五輪相は10日の閣議後会見で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が五輪閉幕後に東京・銀座を散策する姿がSNSで広がっていることを問われ、「不要不急であるかということは、しっかり本人が判断すべきものだ」と述べた。IOCは、選手の観光を禁じていただけに、バッハ氏の行動に批判の声も上がっている。

 SNSでは、バッハ会長が9日に銀座を散策し、買い物客らの記念撮影に応じる姿をとらえた画像や動画が拡散している。会見で丸川氏は「14日間しっかりと防疫措置の中で過ごしてもらっているかということは重要なポイント」と指摘した。バッハ会長は7月8日に来日しており、選手や大会関係者の行動を規制する「プレーブック」は、入国後15日目から大会関係者には行動制限を求めていない。

 加藤勝信官房長官は10日の記者会見で、「入国後15日を経過した者についてはこれら(プレーブック)のルールの適用を受けない」と説明し、問題はないとの認識を示した。

 しかし、「プレーブック」では、選手については入国後15日目以降も観光を禁じられていた。

 一方、丸川氏は五輪開催と新型コロナの感染拡大との関連性について、海外から入国した選手や大会関係者約4万3千人のうち、9日時点で陽性者が計151人だったことや重症者がいなかったことなどに触れ、「オリンピックの開催は感染拡大の原因にはなっていないものと考えている」と述べた。(小野太郎)