九州北部に警報級大雨の恐れ 気象庁が警戒呼びかけ

棚橋咲月
[PR]

 暖かく湿った空気が前線に流れ込む影響で、九州南部では11日から12日にかけて、北部では13日にかけて大雨になるおそれがある。台風9号が通過した地域では大雨で地盤が緩んでいるところがあり、気象庁土砂災害などに厳重な警戒を呼びかけている。福岡管区気象台によると、九州北部では15日にかけて雨が降りやすい状態が続き、特に12~13日は警報発表の可能性が高いとしている。

 気象庁によると、11日午後6時までに予想される24時間降水量は、鹿児島県の多いところで120ミリ。前線は次第に北上する見込みで、12日午後6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多いところで福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の各県で100~200ミリ。鹿児島県は薩摩・大隅地方で100~200ミリ、種子島屋久島地方で50~100ミリ。(棚橋咲月)