夏の甲子園、異例の開会式 先輩や出場辞退の仲間を思い

島脇健史 小島弘之
[PR]

 阪神甲子園球場に大会行進曲が響き、全国49代表の選手たちが行進した。10日に開幕した第103回全国高校野球選手権大会の開会式。新型コロナウイルス対策のため無観客で、行進のかたちも例年とは違うが、選手たちは聖地で野球ができる喜びをかみしめているようだった。

 「自分たちが見ていた開会式とは違い、マスクを着用してコロナ禍であることを感じながらも、こうして甲子園の土を踏めてうれしい」。神戸国際大付(兵庫)の西川侑志主将は開会式後の取材にこう話した。

 東海大菅生(西東京)の栄塁唯(るい)主将は「昨夏の西東京の独自大会で優勝したのに甲子園に出られなかった先輩たちにも立ってほしかった。みんなから託された思いも一緒に行進した」。長崎商(長崎)の青山隼也主将は「あこがれの舞台にやっとたどり着いた」と、感動したという。

 開会式では冒頭、俳優・歌手の山崎育三郎さん(35)が大会歌「栄冠は君に輝く」をアカペラで独唱した。1番は語りかけるように、2番はテンポを上げてさっそうと、3番はキーを上げて球場全体に響き渡るように歌った。目の前で聴いた阿南光(徳島)の萩野太陽主将は「度肝を抜かれた。甲子園の舞台で僕たちにいいプレーをしてほしいと願う気持ちが、歌声にこもっていた」と話した。

 感染対策で入場行進はグラウンドを周回せず、外野に整列した選手が本塁方向へ前進するかたちに簡素化した。今大会は一般客の入場ができず、内野席に開幕試合の両校の関係者、アルプス席に各校50人までの吹奏楽部員らだけが、間隔を空けて着席した。(島脇健史)

     ◇

 「2年ぶりの夏の甲子園。世界に広がる困難のために、普段の生活すらできなくなった人が多くいます。私たちも高校生活・部活動が2年前とは全く違ったものとなりました」

 10日に開幕した第103回全国高校野球選手権大会の開会式で選手宣誓を務めた小松大谷(石川)の木下仁緒(にお)主将は、表情を引き締めてマイクの前に立ち、一言一言かみ締めるように言葉をつなげた。

 あえて「コロナ」という表現を避けた。日々繰り返されるこの言葉を聞くだけで苦しむ人が多くいる。そんな配慮からだった。

 「1年前、甲子園という夢がなくなり、泣き崩れる先輩たちの姿がありました」。そのときの様子を思い浮かべながら言葉にした。部員の新型コロナ感染で今夏の石川大会を途中で辞退せざるをえなかったライバル校への思いも込めたという。そして続けた。

 「しかし、私たちはくじけませんでした」「友の笑顔に励まされ、家族の深い愛情に包まれ、世界のアスリートから刺激を受け、一歩一歩、歩んできました」

 宣誓が決まると、盛り込んでほしい言葉を3年生部員にLINE(ライン)で募った。昨年、大会中止に涙をのんだ先輩たちに触れてほしいというのは、仲間たちの思いでもあった。集まった意見を取りまとめ、国語科の教諭ら数人に相談しながら構成を練った。

 宿舎がある大阪に到着した6日以降、1日20回ほど練習したという。バス移動や食事の際も頭の中で何度も繰り返した。

 開会式の後、オンラインでの取材に応じた木下主将は「昔から憧れだった甲子園なので興奮はあった」と感想を述べた。「温かい拍手をもらってホッとしました。一番の出来だったと思う」。マスク越しに笑顔を見せた。(小島弘之)