「俺はなんて不幸な人生」小田急線刺傷、容疑者が供述

有料会員記事

[PR]

 東京都内を走る小田急線の車内で6日に起きた刺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された対馬悠介容疑者(36)=川崎市多摩区=が警視庁の調べに「俺はなんて不幸な人生なんだと思っていた」などと話していることが、捜査関係者への取材でわかった。数カ月前から生活保護を受けていたといい、警視庁は経済的に困窮して自暴自棄になった可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、対馬容疑者は今年に入って生活保護を受け始め、事件の数日前にも生活費を受け取っていた。事件当日には都内で食料品を万引きし、警察に通報されていた。調べに対し、こうした境遇への不満を口にしているほか、「大学や出会い系サイトで知り合った女性に馬鹿にされてきた。華やかな女性や一緒にいる男性の首を切りたいと思うようになっていった」「電車での大量殺人を前から考えていた」などとも供述しているという。

ここから続き

 一方、容疑者が事件直前、自…

この記事は有料会員記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!