中国、駐リトアニア大使を召還 「台湾代表処」設置受け

北京=高田正幸
[PR]

 中国外務省は10日、駐リトアニア大使を本国に呼び戻すとする報道官談話を発表した。リトアニアに台湾の事実上の大使館が「台湾代表処」の名で設置されることを受けた措置で、リトアニア政府に駐中国大使の帰国を要求するという。中国紙によると、中国が大使を召還するのは1995年、台湾の李登輝総統(当時)の訪米に抗議し、駐米大使を呼び戻して以来だ。

 台湾はこれまで、日米欧などに置く代表処に「台北」の名を用いてきた。中国外務省は10日の報道官談話で、リトアニア政府が「台湾」名の代表処を受け入れたことは「中国の主権を著しく損ねる」と激しく批判。台湾は中国の一部とする「一つの中国」原則を訴えた上で、リトアニア政府に決定の撤回を求めた。また、台湾に対しても「『独立』は破滅への道だ」と牽制(けんせい)した。

 バルト3国のリトアニアは中国と外交関係を結ぶが、最近は関係が悪化している。今年になって台湾に貿易事務所を開設すると発表し、中国のウイグル族に対する弾圧が「ジェノサイド」(集団殺害)だと非難する決議を議会が採択。中東欧やバルカン半島の17カ国と中国による経済協力枠組み「17+1」からの離脱も表明した。

 リトアニア外務省は10日、「『一つの中国』原則に沿いつつ、台湾と相互利益の関係を追求する決意だ」とする声明を発表した。これに対し、中国外務省の華春瑩報道局長は11日、「中国は正当かつ合理的な対応をする権利を有する」との談話を出し、リトアニアへの報復措置を強く示唆した。(北京=高田正幸)