4600年前の古代エジプト大型木造船 新博物館に移送

有料会員記事

ギザ=北川学
[PR]

 約4600年前のものとされる古代エジプトの大型木造船が、カイロ郊外ギザで建設が進む「大エジプト博物館(GEM)」に移送された。エジプト観光・考古省は10日、船が収められたコンテナの内部を報道陣に公開した。

 この船は「太陽の船」と呼ばれ、全長43・6メートル、重さ約20トン。1954年にクフ王のピラミッドの足元で見つかった。発掘と復元を経て、同ピラミッドに隣接する展示施設で公開されてきた。

 特注の巨大コンテナに収められた船は6日夜から7日未明にかけて、約2・5キロ離れたGEMの展示棟に運ばれた。展示棟は建設中のため、船はしばらくは空調の利いたコンテナ内で保存される。

 太陽の船は、古代エジプトで…

この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。