NY知事が辞任表明 セクハラ問題「州民のため決断」

有料会員記事

ニューヨーク=中井大助藤原学思
[PR]

 米ニューヨーク(NY)州のアンドリュー・クオモ知事(民主党)が10日、辞任を表明した。州司法長官から認定された、女性11人へのセクハラは否定をしつつ、州議会が罷免(ひめん)手続きを進めた場合の政治的混乱などに触れ、「州民のために決断した」と理由を述べた。辞任は14日後に有効となり、キャシー・ホークル副知事が女性初のNY州知事に就任する。

 NY州の司法長官は3日、クオモ氏が州職員ら計11人にセクハラ行為をしたという報告書を公表した。直後に、バイデン大統領が「辞任すべきだと思う」と表明するなど、民主党内からクオモ氏の辞任を求める声が高まっていた。州議会下院のヒースティー議長も「知事は下院民主党多数派の信頼を失った」との声明を出し、罷免に向けた手続きが進んでいた。

 クオモ氏側の弁護人は10日…

この記事は有料会員記事です。残り401文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら