NYダウが史上最高値を更新 インフラ法案可決を好感

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 米ニューヨーク株式市場で10日、主要企業でつくるダウ工業株平均が史上最高値を2営業日ぶりに更新した。米上院が総額1兆ドル(約110兆円)規模のインフラ投資法案を可決したことが好感された。終値は、前日より162・82ドル(0・46%)高い3万5264・67ドルだった。

 米上院がインフラ投資法案を可決したことで、道路や橋、高速通信などへの巨額投資の実現が近づいたと期待され、株式が買われた。ダウの構成銘柄では、需要が高まるとの思惑から建機大手キャタピラーが最も値上がりした。素材業界の上昇も目立った。(ニューヨーク=真海喬生)