• アピタル

大学病院の35%、集中治療を制限「救える命救えない」

新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 医学部を持つ大学病院でつくる全国医学部長病院長会議は10日、新型コロナウイルスの感染拡大で全国78大学病院のうち35%にあたる27病院で集中治療室(ICU)の受け入れを制限したとする調査結果を発表した。18病院(23%)は今後制限する可能性があると回答した。同会議は「通常であれば救える命が救えない事態が始まっていると推測される」としている。

 全国82大学病院を対象に5、6日にメールでアンケートをとった。回答があった78病院のうち、緊急事態宣言の対象地域は25病院、まん延防止等重点措置は25病院だった。

 救急の受け入れを制限しているのは15病院(19%)、今後制限の可能性があるのは18病院(23%)。手術の制限は19病院(24%)で、可能性があるのは17病院(22%)。入院の制限は20病院(26%)で、可能性があるのは16病院(21%)だった。新型コロナの患者対応で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)していることや、職員の感染などが原因という。(市野塊)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]