小田急刺傷、容疑者「殺せず悔しい」 謝罪の言葉はなし

[PR]

 東京都内を走る小田急線車内で6日に起きた刺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された対馬悠介容疑者(36)=川崎市多摩区=が、警視庁の調べに「殺せず悔しかった」「逃げ惑う姿を見て満足した」と話していることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁はこうした供述などから、殺意があったとみて調べている。

 捜査関係者によると、対馬容疑者は淡々と調べに応じ、事件への関与を全面的に認めている。「大学時代から女性に馬鹿にされており、華やかな女性や一緒にいる男性の首を切りたいと思うようになった。大量殺人を前から考えていた」「残念だが、逃げる乗客の姿を見て満足している」などと話し、被害者への謝罪の言葉はないという。

 対馬容疑者は事件直前、東京都新宿区の店舗で食料品を万引きしたとして警察に通報されていた。捜査関係者によると、逮捕後の調べに、この日の万引きについて「金を使いたくなかった」と説明。新宿を訪れた理由を「過去に万引きした本の転売のためだった」と常習性をうかがわせる話をし、発覚に不満を持ったとの趣旨の供述もしているという。警視庁は容疑者宅の捜索を続けるとともに経済状況など生活実態を調べる。

 対馬容疑者の逮捕容疑は、6日夜、東京都世田谷区の成城学園前―祖師ケ谷大蔵間を走る快速急行の車内で、20代の女子大学生の胸や背中を包丁で刺して殺害しようとしたというもの。女子大学生は重傷を負った。