ビンテージ時計高騰、10年前の倍もザラ その背景は?

有料会員記事ファッション

編集委員・後藤洋平
[PR]

 一部のビンテージ時計が高騰している。

 ロレックスのスポーツモデルなどは新品でもブティックに並ぶことがなく、得意先のみが買える状態が続いているが、製造を終えた廃盤モデルは現存する個体数に比して購入希望者の多さが顕著で、ものによっては「10年前の倍」はザラ。買い替えの際には、購入した金額よりもはるかに高く買い取ってもらえることもある。

写真・図版
ミリタリーウォッチが並ぶキュリオスキュリオの店内ショーケース

 スマートフォンがあれば正確な日付と時刻が分かる時代に、なぜだろうか。実はスマホの発達と浸透が、この状況をつくり出しているという側面もあるようだ。

 東京都港区の時計店「キュリ…

この記事は有料会員記事です。残り2696文字有料会員になると続きをお読みいただけます。