日本ハムの中田翔、同僚選手に暴力 球団が出場停止処分

[PR]

 プロ野球・日本ハムファイターズは11日、チームメートに対して暴力を振るったとして、中田翔内野手(32)に出場停止の処分を科したと発表した。対象は1、2軍全ての試合で、停止期間は「当面の間」としている。

 球団によると、中田は4日、横浜DeNAベイスターズとのエキシビションマッチ(函館千代台公園野球場)の試合前、同僚選手1人に対して暴力行為を行ったという。球団は試合中に中田を退場させ、自宅謹慎を命じた。11日までに本人や暴力を受けた選手らから事情を聴き、処分を決めたという。

 日本ハムの川村浩二・球団社長は「中田選手は球団の主力選手であり、顔であって、全ての選手の模範とならなければならない存在です。中田選手が行った行為は、プロ野球が青少年の健全な育成に寄与し、夢を与えるエンターテインメントでもあることの信頼を著しく傷つけるものです」とコメントを発表した。

 今季の中田はここまで39試合に出場し、打率1割9分3厘、4本塁打、13打点の成績を残している。