中国、カナダ人に懲役11年判決 トルドー首相が反発

有料会員記事

瀋陽=平井良和、ニューヨーク=中井大助
[PR]

 中国遼寧省丹東市の中級人民法院(地裁に相当)は11日、国家機密を探って国外に提供したとして、カナダ人被告に懲役11年と5万元(約85万円)の没収、国外追放を言い渡した。中国では10日にも別のカナダ人被告の死刑判決を維持する司法判断が出たばかり。カナダ側は、カナダで逮捕された華為技術ファーウェイ)幹部の裁判が影響しているとして反発している。

 被告はマイケル・スパバ氏。中国と北朝鮮を仕事で行き来していたとされる。審理は非公開で、中国側は起訴内容の詳細を明らかにしていない。

 スパバ氏が拘束されたのは2018年12月で、カナダ政府が米国の要請を受けて華為幹部の孟晩舟氏を逮捕した直後だった。同時期にカナダ外務省を休職中のシンクタンク職員マイケル・コブリグ氏も拘束され、カナダ政府は中国側の圧力との見方を強めていた。

 スパバ氏の判決についてカナ…

この記事は有料会員記事です。残り242文字有料会員になると続きをお読みいただけます。