九州で雨強まる 気象庁が警戒「どこで大雨になっても」

山岸玲
[PR]

 気象庁は11日、来週にかけて日本付近に前線が停滞し、広い範囲で大雨になる恐れがあると発表した。13日までは西日本を中心に大雨となり、東日本や北日本でも13日以降、警戒が必要になる。お盆期間は交通網に乱れが出る可能性もあるという。

 気象庁によると、12日朝には前線が中国大陸から日本海、東日本にかけて延び、停滞する見通し。前線に向かって南から湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になる。毎年のように災害が発生している梅雨末期に似て、大気が不安定な状態が続くという。

 九州では11日から雨が強まり、午後6時までに鹿児島県熊本県の一部で土砂災害警戒情報(警戒レベル4相当)も出された。気象庁予報課の岸本賢司・主任予報官は「前線付近では、いつどこで大雨になってもおかしくない状況が来週にかけて続く」とし、土砂災害への厳重な警戒を呼びかけた。

 12日午後6時までの24時間雨量の予想は多いところで、九州北部・南部200ミリ▽近畿150ミリ▽四国120ミリ▽中国100ミリ。13日午後6時までの24時間では、九州北部200~300ミリ▽九州南部と四国、中国、近畿、東海、関東甲信100~200ミリ▽北陸と東北100~150ミリ。(山岸玲)