長崎県で被爆クスノキと被爆アオギリの2世を誤って伐採

長崎原爆の日核といのちを考える

森川愛彦
[PR]

 長崎県大村市は11日、同市森園町の森園公園に植えてあった被爆クスノキ2世と被爆アオギリ2世を、市職員が誤って伐採したと発表した。市民からの指摘で市が調査して判明した。

 伐採されたのは、2003年に日本非核宣言自治体協議会(事務局・長崎市)の20周年記念事業として長崎市から譲り受けた被爆クスノキ2世と、広島市から譲り受けた被爆アオギリ2世。公園内の非核・平和都市宣言碑の近くに苗木を植え、クスノキは高さ約5メートル、直径約10センチに、アオギリは高さ約6メートル、直径約14センチに育っていた。

 市によると、長崎に原爆が投下された8月9日に公園で予定されていた犠牲者追悼集会の準備で、市河川公園課が7月26日に宣言碑周辺の草刈りを実施。その際、2本の木が碑を覆うように茂っていたため、記念樹と知らなかった非常勤職員が雑木と間違えて伐採したという。木にはそれぞれ被爆地ゆかりであることを示す看板が置かれていたが、木の背後にあり、気付かなかったという。

 市は今後、再生可能かどうか樹木医に依頼して判断。無理ならば、協議会に再び苗木を譲り受けられないか相談する方針だ。(森川愛彦)

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]