「殺人者」SNSのデマ投稿で被害 旭川・中2死亡

有料会員記事

本田大次郎
[PR]

 北海道旭川市で3月、中学2年の女子生徒(当時14)が遺体で見つかり、遺族がいじめを受けていたと訴えている問題をめぐり、女子生徒と無関係の市内の兄弟が「死に追い詰めた張本人」と名指しされ、自宅や顔写真をインターネット上に公開された。別の高校生も「加害者」としてさらされるなど、ネット上の事実無根の誹謗(ひぼう)中傷による被害が広がっている。

 「お宅の息子、殺人者ですよ」

 4月22日にかかってきた一本の電話。市内で理容店を営む土崎真澄さん(51)の70代の母が出ると、男がそう告げた。

 土崎さんがネットを調べると、息子の21歳と19歳の兄弟が、女子生徒の死にかかわったと、名指しされていた。この問題が明るみに出たのは、1週間前の4月15日の文春オンラインの報道だった。

旭川市の中2死亡問題

 今年2月、北海道旭川市立中学校2年の女子生徒が自宅を出たあと行方不明になり、3月に市内の公園で遺体で見つかった。関係者によると、女子生徒は2019年、中1の1学期に、ネットでの自らの画像のやり取りなどをめぐって他の生徒らとトラブルになった。女子生徒が自ら川の中に入り、教師らが保護する事態となった。女子生徒の母親は「いじめがあった」と訴えたが、学校や市教育委員会は当時、いじめとは認定しなかった。今年4月、文春オンラインがこの問題を報じると、市教委は一転、いじめの有無や死亡との因果関係などを調査することを決定。弁護士や臨床心理士などによる「いじめ防止等対策委員会」が調査を進めている。

 兄弟は、女子生徒や報道でいじめの加害者とされた生徒たちとの接点は一切なかった。また、道警は女子生徒の死因は低体温症で、殴られるなどの事件性はないと判断している。

 その後、ネットでは「コイツらが殺したってうわさが立ってるよ」といった書き込みが、いつの間にか「殺人事件」となり、兄弟が「車で拉致」「加害者の少年少女は兄弟に脅されていた」「死に追い詰めた張本人」とエスカレートしていった。さらに、「生きる価値なし」「決して許してはならない」とまで書かれた。

 ネット上では、土崎さんの父が兄弟の父親で、市教育委員会に勤め、「事件をもみ消した」とされた。実際は、真澄さんの父はトラックの元運転手で、当時は入院していた。母が病院からの緊急連絡に備えていたところへ、昼も夜も誹謗中傷の電話が鳴った。病院からの連絡先を土崎さんに変え、電話線を抜いた。

 見知らぬ者が家の前を車でゆ…

この記事は有料会員記事です。残り1105文字有料会員になると続きをお読みいただけます。