USJ、ニンテンドー・ワールドで「クリボー」落下事故

宮川純一
[PR]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の任天堂のゲームなどをテーマにしたエリアで、キャラクターの形の設置物が落下する事故が起きたことが11日、運営会社への取材でわかった。客が立ち入る場所ではなかったため、けが人はいないという。

 運営会社によると、事故は9日午後に発生。任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」などをテーマにしたエリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」内で、キャラクター「クリボー」が重なった形をした設置物が数メートルの高さから落ちた。このため、パーク内の一部のアトラクションを翌10日午前まで休止し、安全確認をしたという。

 9日は近畿地方に台風9号が接近していた。運営会社で原因を調べている。

 このエリアは3月18日に開業したばかり。(宮川純一)