• アピタル

佐賀でも…感染した30代が死亡 咳・鼻水から容体悪化

新型コロナウイルス

林国広
[PR]

 佐賀県は11日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた30代の重症者1人が同日未明に死亡したと発表した。感染者の死亡は26人目で、県内で最年少。県は若者でも重症化の恐れを認識して欲しいと注意を呼びかける。

 死亡した重症者に基礎疾患はなく、約1週間前に咳(せき)と鼻水の軽い症状だったが容体が悪化し、10日に医療機関を受診。肺炎と診断され、エクモ(体外式膜型人工肺)を使うなどして、治療したが死亡したという。

 また県は10歳未満~90歳以上の男女73人の新型コロナへの感染を確認したと発表した。1日あたりの感染者としては5月8日の75人に次ぐ2番目の多さ。(林国広)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]