第3回五輪メダルも効果薄 団体や協賛企業に残された課題

有料会員記事

[PR]

 「これで柔道をする子どもが増えてくれる」

 東京オリンピック(五輪)で過去最多となる9個の金メダルを獲得し、全日本柔道連盟幹部は声を弾ませた。

 競技人口回復は切実な願いだ。

 日本中学校体育連盟の柔道の登録者数は、最近19年で半数以下になった。少子化で中学生の数自体が約8割になったことを差し引いても、減り幅は大きい。

 日本は競技全体でも、史上最多27個の金メダルを獲得した。人気の野球も、ソフトボールも金メダルだった。

 しかしやはり、中体連の軟式野球男子、ソフトボール男女は、登録者数を5割前後に減らした。男女とも東京五輪でのメダルはならなかったが、人気競技の一角に数えられるバレーボールも登録者数が約66%まで減った。

 早稲田大学の中澤篤史准教授(スポーツ社会学)は「個人で気軽に楽しめる競技に人気が集まっている。レクリエーション志向が強まっている」。

 陸上やバドミントンは登録者…

この記事は有料会員記事です。残り1517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    中小路徹
    (朝日新聞編集委員=スポーツと社会)
    2021年8月12日17時47分 投稿

    【解説】 記事の冒頭にある、柔道関係者の「これで柔道する子どもが増えてくれる」という見立ては、短絡的かと思います。  2001年から19年にかけて、日本中学校体育連盟の登録者数の変化を競技別にみると、柔道は男子が44%、女子は49%に減っています

連載祭典の後で 2020+1(全3回)

この連載の一覧を見る