逃げた私は漫画家になれた 背中を押した双子の兄の言葉

有料会員記事

若松真平
[PR]

 今から10年ほど前、梅渡飛鳥(ばいと・あすか)さんは専門学校で漫画を学んでいた。

 学校を訪れた少年誌の編集者の目にとまり、担当をしてもらえることに。

 作品の設計図にあたる「ネーム」を事前に見てくれて、それを元に描いて漫画賞に応募したら奨励賞をもらった。

 夢だった漫画家への道が一気に開けたが、それは苦闘の始まりでもあった。

    ◇

 3年ほどの間で獲得した奨励賞は計4回。

 1~2回目は素直に「よし、やった!」と喜んでいたが、3~4回目は違った。

 大賞や佳作といった上の賞をなぜとれないのか、と焦り始めた。

 学校を卒業してバイトしながら漫画を描き続ける日々。

 漫画家になる以外の選択肢は、頭の中に一切なかった。

 ある日、担当編集者からの言葉に衝撃を受けた。

 「今までのネームだと賞はとれるけどデビューはできないと思います」

 自分でも薄々感じていたことだったが、改めて言葉にして聞かされるとショックだった。

 そこから約3年、描いたネームはことごとくボツになった。

 自分はいつ漫画家になれるのか。

 特別な才能を持っているわけでもなく、ずば抜けて画力があるわけでもない。

 自分のことをそう思っていた。

 それでもあきらめることができない、漫画家という夢。

 いま握っている綱を離したら、地の底に落ちるんじゃないか。

 そんな思いから編集者にしがみついていた。

 長いトンネルを抜け出すきっかけになったのは「逃げ」だった。

 同居している双子の兄の言葉が、後押ししてくれた。

 「いいじゃん、逃げても。楽…

この記事は有料会員記事です。残り2165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。