タリバーン、アフガン10州都を制圧 首都に近い地点も

有料会員記事

バンコク=乗京真知
[PR]

 アフガニスタンの反政府勢力タリバーンは12日、中部ガズニ州の州都を新たに制圧したと宣言した。全国に34ある州都のうち、陥落した州都は計10カ所となった。8月末を期限に駐留米軍の撤退が進むなか、米軍の支援に頼ってきた政府軍は劣勢に追い込まれている。

 タリバーンの報道担当者は12日午前、ツイッターに「ガズニの警察署や刑務所などを占拠し、多数の武器を押さえた」と投稿した。地元議会議員は取材に「政府軍は市中心部から追い出された」と語った。

 ガズニの州都は首都カブールの南方約150キロにあり、これまで制圧された州都の中で最も首都に近い。首都と南部の最大都市カンダハルを結ぶ幹線道路の中間に位置するため、ガズニの陥落は南部への陸の補給路が細ることを意味する。

 これに先立つ10日には、首…

この記事は有料会員記事です。残り215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら