茂木氏「ミャンマー早期訪問を」 ASEAN特使と協議

菅原普
[PR]

 茂木敏充外相は12日、ブルネイのエルワン・ユソフ第2外相と約30分間、電話で協議した。エルワン氏は国軍がクーデターを起こしたミャンマーに、東南アジア諸国連合(ASEAN)の特使として派遣される予定で、同国の情勢について意見交換した。

 日本外務省によると、協議はブルネイ側の要請という。茂木氏は、エルワン氏の早期のミャンマー訪問や国軍だけでなく民主化勢力とも対話することの必要性を指摘した。情勢分析などで最大限の支援を行う考えも伝えたという。

 またミャンマーに対する人道支援を継続し、今後も状況改善のため連携していくことでも一致したという。(菅原普)