東京地検特捜部でまた出火 電気器具や書類など焼ける

[PR]

 12日午後3時45分ごろ、東京都千代田区霞が関1丁目の中央合同庁舎6号館9階に入る東京地検特捜部の部屋から出火。床が焦げて複数の差し込み口のあるテーブルタップや書類などが焼けた。けが人はいなかった。東京消防庁警視庁が原因を調べている。

 地検によると、地検の職員が水をかけて火を消し、消防隊員が駆けつけた際には鎮火していた。事件性はないとみられ、捜査や公判への影響もないとしている。

 特捜部では、7月16日にも同じ庁舎10階の事務室で机やパソコン、書類が燃えるぼやがあった。複数のパソコンのコードがコンセントに挿し込まれたままで、断線したコードもあり、漏電が原因ではないかとも指摘された。東京地検は今回のぼやを受け、「関係機関に出動いただくこととなり、深くおわび申し上げる」とのコメントを発表した。