サウナも「映え」の時代 全国各地に「ととのい」中

有料会員記事

金居達朗
[PR]

 一昔前までは、おじさんたちが集うところと相場が決まっていたサウナが、女性や若者など幅広い世代でブームになっている。さらなるファンを取り込もうと、ここ数年で増えているのが「映えるサウナ」だ。日本各地の話題のサウナを訪ねた。

 真っ白な空間に木々の葉音や鳥のさえずりが聞こえる――。ここは、佐賀県武雄市の御船山楽園ホテル「らかんの湯」のサウナだ。女性浴場のサウナは、太陽の光が差し込む真っ白な空間だ。御船山の山中に集音マイクが設置されていて、室内には季節や時間帯によって様々な音が流れてくる。

 「自分がサウナ好きということもあって、身も心も休まる場所にしたかった」と同ホテル社長の小原嘉久さん(46)。2019年に大浴場を改修してから、著名人やサウナ好きから好評を得て、サウナの格付けをする「サウナシュラン」のグランプリを2年連続で受賞している。

 改修前は宿泊者のほとんどを…

この記事は有料会員記事です。残り912文字有料会員になると続きをお読みいただけます。