藤井二冠が竜王挑戦まであと1勝 竜王戦挑戦者決定戦

村上耕司
[PR]

 将棋の第34期竜王戦読売新聞社主催)の挑戦者決定三番勝負第1局が12日、東京都渋谷区将棋会館で指され、藤井聡太二冠(19)=王位・棋聖=が永瀬拓矢王座(28)に184手で勝ち、豊島(とよしま)将之(まさゆき)竜王(31)=叡王(えいおう)と合わせ二冠=への挑戦権獲得まであと1勝とした。第2局は30日に行われる。

 永瀬王座の先手で午前10時に対局開始。永瀬王座が三間飛車戦法を採用し、両者が穴熊囲いの堅陣を築いて持久戦模様になった。開始から10時間以上経っても押したり引いたりの長い中盤戦が続き、本格的な戦いが始まったのは午後9時半を過ぎてから。そこから藤井二冠が徐々にリードを広げ、押し切った。終局は午後11時36分だった。

 終局後、藤井二冠は「あまり経験のない将棋で手探りのところが多かった。次局も全力を尽くせれば」、永瀬王座は「チャンスがなかったようなので、もう少し内容をよくしないといけない。次局までしばらく時間があるので、精いっぱい準備をしていい内容の将棋が指せれば」と話した。

 藤井二冠は現在、王位戦七番勝負で豊島竜王の挑戦を受け2勝1敗、叡王戦五番勝負では豊島竜王に挑戦して2勝1敗と、史上最年少での三冠獲得に向け、いずれもリードしている。竜王戦での対戦が決まれば、豊島竜王と三つのタイトル戦を続けて戦うことになり、同時に年内に四冠獲得の可能性も出てくる。村上耕司