広島・江の川の上流で氾濫 鈴張川「車が川に流された」

比嘉展玖、松尾葉奈
【動画】増水した広島市安佐北区の鈴張川=杉岡剛志さん撮影
[PR]

 気象庁は13日午前8時45分、広島県に大雨特別警報を発表した。過去に経験したことのないような大雨となっており、土砂災害浸水などの何らかの災害がすでに発生している可能性がきわめて高いという。「命の危険が迫っているため、直ちに身の安全を確保しなければならない状況」だとして最大級の警戒を求めている。

 対象市町村は広島市。大雨特別警報は、大雨の警戒レベルで危険度が最も高い「5」に相当する情報で、住民は避難所へ行くことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた頑丈な建物の上の階などへの避難が必要となる。外へ出ることも危険な場合は、崖から離れた2階以上の部屋に移動するなど、少しでも命が助かる可能性の高い行動をとることが重要だ。

 大雨特別警報は同日午後1時、警報に切り替わった。大雨の峠は越えたが、広島県内を流れる江の川上流では氾濫(はんらん)が発生。これまでの大雨で土砂災害の危険度が高まり、他の河川の水位も上昇しているため、引き続き厳重な警戒が必要だ。

 広島市の安佐北消防署によると、13日午前9時30分ごろ、広島市安佐北区安佐町飯室の鈴張川で、近くの住民から「ピンクの軽乗用車が川に流された」と119番通報があった。車に人が乗っていたかは不明といい、消防隊員が確認に向かっている。

広島市などに「緊急安全確保」 土砂崩れ

 広島市は鈴張川が氾濫(はんらん)危険水位を超えたため、13日午前8時40分、避難情報の中で最も危険度が高い「緊急安全確保」(レベル5)を出した。対象は安佐北区鈴張、飯室の計73世帯159人。

 安佐北区役所によると、13日午前9時の時点で、鈴張地区の26世帯45人が地元の特別養護老人ホームに避難している。また、広島県道宇津可部線の2カ所で土砂崩れが起き、通行止めになっている。

 広島市はこの他、午前9時現在で安佐北区、安佐南区佐伯区の計1万4429世帯2万9778人に避難指示(レベル4)を出している。

 広島市の北に位置する広島県安芸高田市は午前8時15分、多治比川周辺の2548世帯5149人に緊急安全確保を出した。北広島町も午前10時15分までに、江の川の支流周辺などの計2922世帯6242人に緊急安全確保を出した。

激しい濁流 道路の一部が削られ崩落

 豪雨の影響で氾濫(はんらん)した広島市の鈴張(すずはり)川の現場を記者が取材した。

 広島市安佐北区安佐町飯室の鈴張川では13日午前11時半ごろ、激しい濁流が流れていた。川に面した道路の一部が幅約4メートル、長さ約10メートルにわたって濁流に削られ、崩壊していた。周辺には通行止めの看板が立てられ、住民らが不安げに川の様子を見守った。

 近所に住む会社員の杉岡剛志さん(59)は「ごうごうと川の音がすごかった。冠水してしまう家があるかもと心配だった」と話した。自宅の裏山が土砂崩れを起こしたことがあるといい、娘の家に避難したという。(比嘉展玖、松尾葉奈)

江の川、今後は下流部の島根警戒

 国土交通省と気象庁は13日午後0時半、広島県三次市西酒屋町船所地区の江の川上流部で、川の水が堤防を越えて氾濫(はんらん)が発生したと発表した。広島県では大雨の峠は越えたが、国交省の担当者は、今後は島根県内の下流部に水が流れていくため「氾濫危険水位を超えることが確実」だとして、警戒を緩めないよう呼びかけた。

 気象庁は13日朝に広島市に出した大雨特別警報を午後1時に警報に切り替えたが、これまでの大雨の影響で、引き続き厳重な警戒が必要となる。前線は活発な状態で日本付近での停滞を続ける見込みのため、今後も本州の広い範囲で大雨特別警報が発表される可能性があるという。

 島根県雲南市では大雨の影響で、市内を流れる三刀屋(みとや)川の水位が午前8時に氾濫(はんらん)危険水位の2・9メートルに達した。雲南市は河川の氾濫(はんらん)や家屋の浸水の危険があるとして、同市三刀屋町の一部139世帯394人に避難指示を出した。