近畿・関東でも大雨の恐れ 広島以外で特別警報の可能性

山岸玲
[PR]

 気象庁は13日、緊急の記者会見を開き、停滞前線の影響による大雨について、今後は本州の広範囲に広がって「ところによっては大雨特別警報を発表する可能性がある」と警戒を呼びかけた。広島市には同日朝、大雨特別警報を発表し、九州などで記録的な大雨となっている。

 広島市では、発達した雨雲が次々に入り込む線状降水帯が発生して「経験したことのないような大雨」に。急激に災害発生の危険度が高まった。13日午前10時20分までの48時間雨量は長崎県雲仙市で737・5ミリを記録し、熊本県天草市石川県宝達志水町などを含めて観測史上最多を更新した。雲仙市では土砂崩れが発生し、1人の死亡が確認された。

 日本付近に延びている前線は今後1週間程度は停滞する見込み。このため14日にかけて西日本を中心に非常に激しい雨が降るほか、大雨の恐れがある範囲は近畿や東海、関東甲信にも広がる。15日以降も大雨が続く恐れがある。

 14日午前6時までの24時間雨量の予想は多いところで、九州北部300ミリ▽九州南部と四国、近畿、東海、関東甲信250ミリ▽中国、北陸200ミリ▽東北120ミリ。その後の24時間では九州北部・南部、四国、近畿、東海、関東甲信200~300ミリ▽中国と北陸100~200ミリ▽東北50~100ミリの予想。

 13日の緊急会見で気象庁の黒良龍太・予報課長は、「普段は大雨が少ない瀬戸内海沿いや山陰、北陸なども含めて、広い範囲でどこででも線状降水帯が発生したり、長雨になったりする恐れがある」と強調。急激に災害の危険度が高まることもあり、「いつでもすぐに避難できるようにすることが重要。こまめに気象情報を確認するなど自分の命は自分で守る意識を持って欲しい」と呼びかけた。(山岸玲)