個別指導中、教え子に強制わいせつ容疑 塾講師を逮捕

[PR]

 学習塾の教え子にわいせつな行為をしたとして、警視庁は13日、韓国籍で東京都新宿区榎町、塾講師ファン・インテ容疑者(26)を強制わいせつ容疑で逮捕し、発表した。「弁護士が来てから決めます」と認否を留保しているという。

 捜査1課によると、ファン容疑者は7月15日午後8時すぎ、勤務先の都内の塾の教室内で、個別指導していた10代後半の女子生徒の胸をもむなどのわいせつ行為をした疑いがある。当時、室内には同容疑者と女子生徒の2人だけがいたという。事件後に、他人には言わないよう、女子生徒に対して口止めをしていたという。

 ファン容疑者は4月ごろからこの生徒の授業を担当。事件があった日は、わいせつ行為に及ぶ前に、生徒に好意も伝えていたという。8月に入り、生徒から母親を通じて警察に相談があり、発覚した。