江戸時代の家系図ホント? 村有力者のルーツたどる展示

有料会員記事

荻野好弘
[PR]

 江戸期に村の有力者だった庄屋や宿役人の家系図や由緒書きを公開する企画展が、愛知県一宮市尾西歴史民俗資料館で開かれている。奥州藤原氏織田信長側近などが登場する「真偽不明」という史料は、なぜ作られたのか。

 参勤交代の宿場町だった美濃路起(おこし)宿(一宮市)などの旧家にまつわる史料やパネル約50点を展示する。

 大名が宿泊した「本陣」を務めた加藤家は、関ケ原の戦いで東軍が木曽川を渡るのを助けたとされる。由緒書によると、中尊寺金色堂で有名な奥州藤原氏が滅亡した後、尾張に逃れた子どもの子孫となっている。「一族で子どもが多かった人物がおり、由緒の創作には好都合だったかもしれない」と資料館は解説する。

 加藤家に次ぐ家柄で庄屋だった林家は「代々系図」で、織田信長の重臣だった林通勝の弟を先祖と記す。ただ、江戸初期に起に移住する以前のことは不明な点が多いという。

 別の村にあった庄屋の家系図…

この記事は有料会員記事です。残り231文字有料会員になると続きをお読みいただけます。