五輪パラ推進本部事務局長が辞任 無料レッスン報道

[PR]

 政府は13日、内閣官房と文部科学省の参与で、東京五輪パラリンピック推進本部の平田竹男事務局長がいずれの役職も同日付で辞任したと発表した。平田氏をめぐっては、スポーツクラブに公用車で通い、高額なゴルフレッスンを無料で受けていたとする問題を「文春オンライン」が報道していた。

 報道では、平田氏が3年前から「RIZAP GOLF」六本木店で、計400万円以上に相当するレッスンを無料で受けたとし、公用車で通う様子も確認されたとしている。

 立憲民主党など野党が11日に開いた合同ヒアリングで、推進本部事務局は「3年ほど前から通っている。請求があったものについては支払っている」という回答が平田氏からあったと説明。実際に支払った金額や公用車の利用については「本人から明確な回答がない」とした。平田氏は11日、記者団に「事実関係を確認中」と語っていた。