行方不明2人の捜索続く 長崎県雲仙市の土砂崩れ現場

森川愛彦
[PR]

 長崎県雲仙市小浜町で13日未明に土砂崩れが起き、巻き込まれた住宅に住んでいた森文代さん(59)が死亡した現場で14日朝、警察官や消防隊員ら約190人が安否不明の森さんの夫と娘の捜索を再開した。降り続く雨で二次災害の恐れもある中、関係者は「何としても探し出したい」と作業を進めた。

 県と市はこの日午前、安否不明の森さんの夫は保啓(やすひろ)さん(67)、娘は優子さん(32)と発表した。

 捜索は午前7時半ごろに再開された。雲仙署などによると、県警や消防、地元消防団のほか、県が13日に災害派遣要請をした自衛隊員約50人も参加。森さんが見つかった場所を中心に、倒壊家屋を覆う土砂を手作業で取り除き、家屋周辺の倒木や土砂を重機などで撤去した。

 現場は断続的に激しい雨が降って風も強いが、関係者によると、13日よりも捜索は進んでいるという。県警は「新たな土砂崩れを警戒しながらの捜索でかなり神経を使うが、連携して作業を進める」と話した。

 土砂崩れは13日午前4時ごろ、雲仙温泉街の中心部から約1キロ山あいにある、旅館などが点在する地域で発生。近くの山が崩れて民家2軒に土砂が流れ込み、うち1軒から森さんが心肺停止の状態で見つかり、その後に死亡が確認された。(森川愛彦)