「あっという間の出来事」広島の病院で浸水、60人避難

福冨旅史、松田史朗
[PR]

 14日午後0時41分に再び大雨特別警報が出された広島県内では、新たに広島市安芸区の全域と、中区、東区、南区、西区、佐伯区の一部を対象に避難情報のうち最も危険度の高い「緊急安全確保」(警戒レベル5)が発令された。

 広島市安佐北区の全域、安佐南区安芸高田市北広島町の一部にも緊急安全確保がすでに出されており、広島市の全ての区で発令され、対象地域が広がっている。

 安芸高田市では、多治比川の水があふれ、各地で浸水被害が相次いでいる。

 同市吉田町のJA吉田総合病院では14日、病棟に流れ込んだ土砂をかき出す作業が進められていた。13日午前10時ごろから近くを流れる多治比川の水がなだれ込み、約1千平方メートルの1階部分が高さ10センチほど浸水した。外来患者や入院患者ら約60人が別棟に避難し、けが人はいなかった。

 「あっという間の出来事。なすすべがなかった」。同病院の森友俊文事業局長はこう話す。

 広島県東広島市志和町では14日午前10時15分ごろ、住民から「雨の中、田んぼの様子を見に行った家族が戻らない」との通報が市消防局にあった。同日午前9時ごろ、外出した80代男性の行方がわかっておらず、市消防局や東広島署が捜索している。(福冨旅史、松田史朗)