• アピタル

東北学院の選手1人が陽性 チームは宿舎の個室で待機

新型コロナウイルス

[PR]

 第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の大会本部は14日、東北学院(宮城)の選手1人が13日に発熱し、同日夜と14日朝の新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と診断されたと発表した。当該選手は宿舎で待機している。

 1回戦の愛工大名電(愛知)戦の翌12日の検査では全員陰性だった。改めてチーム全員が14日午前に検査を受けた結果、ほかに陽性者はいなかった。チームは濃厚接触について保健所の判断が出るまで、宿舎のそれぞれ個室で待機する。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]